畜産を専門にコンサルティングしている者が見た、今の畜産業をわかりやすくお伝えいたします。

全農は21日10月から12月までの配合飼料価格改定額を発表しました。
配合飼料価格は据え置きとなります。
飼料原料が今期より値段が小幅上昇や輸送賃が下がっていること等が要因です。

このことから、年内いっぱい飼料価格は基本的に現在と同じで推移すると見込まれます。

10月より、国の配合飼料支援事業が開始されます。
このほかにも都道府県の配合飼料補助事業も継続しており、少ないですが市町村独自の給付事業もあります。
確認いただき有効に活用いただきたいと思います。

生産される皆様にとっても現在と同様かわずかに負担軽減になると思われますが、安堵できるところではありません。
現在、為替は145円程度を試す展開になっており、日銀の為替介入意識が少しづつですが意識されていきます。
ですが、一部経済エコノミストでは150円程度の為替水準もありうるとしており、為替変動はこの先も見通しにくい状況が続きます。

また、配合飼料の原料も少しづつですが、上昇気配が見られます。
コーンは7月下旬の5.7ドル程度が底になり再上昇しています。
現在は6.9ドルと7ドルを再びうかがう展開になりつつあります。
今期はおよそ7.5ドル程度の算出と見込まれますのでそれに近い状況が少しづつ近づいているとも言えます。

原油は下落が続いており、現在86ドル程度です。
この先上下あるものの再びの100ドル越えはあまりないと多くのエコノミストは言います。
10月限は83ドル付近で終了しておりますので、米国金利動向から発生する景気後退を織り込んでいるのかもしれません。

次期は今期の水準を超える可能性もあり得ますので、心配なのはこの先1月になるかもしれません。

多くは、年始相場は安くなる傾向があると思います。
そこに価格改定となれば大きな影響も予想でき、今からできることを探しておく必要があります。

畜産物の動向を見ますと、酪農では国の補助事業が拡充されます。
生乳の取引価格が10月より見直しがなされ、製品価格も11月より多くのメーカーが値上げをすることを発表しています。
製品の値上げ幅は約4%から10%を超えるものと幅があります。
心配なのはこの製品価格の上昇を消費者がどのようの受け入れるのか注目されます。
ですが多くの生産者はそれでも厳しいという声も聞きます。

鶏卵はこれから製品への需要が強まることから市場価格が上昇されると思われます。
現在全農東京のMサイズ規準値は225円となり上昇が見られます。
この要因には飼料価格高騰により餌付け羽数の減少がみられることにあるとされます。
現在餌付けは本年1月から7月の集計を見ますと、全国前年比95%となり減少しているという数値です。
ですが、細部を見ますと昨年比から大きく上昇している地域も散見されます。
全国生産量2位の千葉県は134.2%増加があります。
ですが全国的には減少傾向が見られ、生産1位の茨城県は86%、生産3位の鹿児島県は96.7%と前年割れとなっています。

北海道では道内生産量1割の農場が防疫措置を受けたことで大きく生産量の低下とホクレン札幌の鶏卵価格の上昇が続いています。
ですが、月ごとの餌付けを見ますと昨年並みまで回復していることが分かります。
つまりタイトな供給はもう少し先で終焉を迎える可能性があるということです。
この先は景気や観光による需要増加に期待したいところですが、鳥インフルエンザの話題もまもなく聞くような時期になり生産量に大きな影響を与える要因もあります。

配合飼料価格が決定され、年内まで概ねの農場生産額がどれくらいになるのか予測しやすくなりました。

皆さんの農場はどのような試算になったのでしょうか。

乳牛に限らず、肉牛もご苦労されていると聞きます。
子牛のセリ価格は減少傾向が続いているとされ飼養することの難しさや肥育して売却時の収入が見通せないというのも要因でしょう。
外国産牛肉は毎月のように販売価格が上昇していきます。
これは外国の仕入れ値上昇が要因ですが、円安による仕入れ割高もあります。
外国産牛肉の販売価格は仕入れてから3か月後に現れると聞きます。
ですから現在も上昇している仕入れ価格を見る限り上昇していくのは仕入れの原則通りなのかもしれません。

国産に回帰するというわけではないことから、やはり外食や消費者の購買意欲上昇の対策が必要になっていくのかもしれません。

さあ年末に向けてあと3か月と数日となります。

皆さんの農場から生産される畜産物は年末需要に大きく貢献していくはずです。
ですがそのためにはコストだけを見ていては何も変わりません。

大事なのは収入をどう上げていくのかということです。

歩留まり、商品化率いろいろ言葉があります。

そこに向けてどのように工夫されていくのでしょうか。
まだまだご苦労が続きます。
ですがこの困難さを乗り越えた農場にはきっと明るい未来がやってくるはずです。
今は静かに、動じず前に向けて歩いていくことが一番の利益になるはずです。

東京都東久留米市に本店を置く畜産業「神明畜産」とグループ会社の「肉の神明」「共栄畜産」の3社が、9日東京地方裁判所へ民事再生法適用申請をしたことがわかりました。

同社は1967年に設立され全国に牧場や養豚場、物流拠点を設置し繁殖から加工や小売りまでを一貫して生産し販売しています。
資金繰りが難しくなり自力での再建を断念したとされ、牛豚を生産する神明畜産の負債額は294億円になる見込みです。

すでに取り立て不能の恐れについて9日餌メーカー2社より発表がありました。
■フィード・ワンは、肉の神明に対しての売掛債権と貸し付け金4億6千万円のうち、債権保全がない額は23年の第2四半期に引き当て処理する見込みとしています。
■中部飼料も肉の神明に対しての売掛債権と手形の額14億9千万円のうち、保全されない13億円について23年の第2四半期に引き当て処理を行う予定です。

配合飼料価格の高騰でコスト増が進み、飲食店からの受注が減少したことで資金難に陥ったとされます。

同社の養豚部門は2018年に200億円を超える高い収益をあげますが、その後新型コロナウイルスが全国に広がり枝肉相場は下落していきます。
飲食店等からの引き合いが減少し、飼料価格の上昇が更なる追い打ちをかけます。
本年7月栃木県那須烏山市の養豚場で5万頭を超える豚熱が発生し、財務状況は悪化していきます。

なお、関連会社肉の神明は食肉販売会社で業者やスーパー等に広い販路を持ちますが、全体の経営が悪化していく中今回の民事再生法申請となります。
負債額は208億円となります。

同じく共栄畜産は肉牛の飼育を行っていましたが申請対象になります。負債額は72億円です。
今回3社の合計負債総額は574億円になる見込みです。

申請した当日に、民事再生法第54条の1項により監督命令を受け、監督委員に東京の弁護士が選任されています。
この先、債権者に対し再生への説明等が行われると思いますが、会社は継続していくことになっています。

本年7月23日栃木県で発生した豚熱発生農場では54000頭が殺処分され、2021年4月の那須塩原市の2農場で発生した39000頭を超えた国内最大の処分になることで話題になりました。

また、その発生を通報する方法に業界内からも疑問が出ていたことも事実です。
栃木県によれば7月21日17時、匿名のメールで情報提供があり、22日午前9時に県が調査を行います。17時にpcr検査結果が陽性となり、23日17時に国による遺伝子解析の陽性を経て患畜と判定されます。

県の立ち入り調査では直近の死亡頭数が約1.5倍に増えていることを確認したものの、所有者からの通報がなかったというものです。
県知事は「家畜伝染病予防法に基づき、速やかな報告があるべき」と指摘しています。

現在、該当する農場では豚の埋却まで完了し、農場内の清掃と消毒、汚染物品の処理を実施しているところで、完了は9月30日頃とされます。
殺処分完了まで約48日かかり、埋却完了が9月9日午前8時とされます。
なお、栃木県発表による防疫措置に要する経費を18億円として知事専決処分をし執行しています。

今回の畜産業者の社名からピンとこない方でも、栃木県の5万頭の農場と言えば、多くの方はわかるかもしれません。

通報隠ぺいは、今回に限らず畜種を問わずどうしても発生するものですが、多くは自社を守るためという正しくない正義により行われます。
そしてその多くは、隠ぺいが明らかになった後も予後もあまりよくはありません。
目先の利益を取るために社会的信用を失くす行動は、一時的な資産の保全はできたとしても、社会活動という長い時間軸に中では、顧客や様々な取引先に影響を残してしまいます。

今回の経営破綻もそのような影がなく、ほか畜産業でもご苦労されるコスト高による売り上げ減少による力尽きであれば、業界内でも震撼する話題でもあります。
ですが、そうでない影がある話題では、やはり隠ぺいは力尽きたかといわれるだけになり、業界内でも違う形で話が語り継がれてしまうかもしれません。

正直な経営は今は苦しくても必ず笑顔の結果になると信じ、前を向いて進んでいきましょう。

耕種農家の皆さんにとって、化成肥料の値上げは大変ご苦労されていることと思います。
この先、秋の肥料価格は春と比べ15%の値上げになることが報じられています。

耕種農家さんの多くはお住まい近くのJAで購入されていると思います。
7月上旬までは価格据え置きをしていましたが、今は現行価格に改定されてることでしょう。
例えば、作物全般に使用できる汎用肥料として高度化成肥料14-14-14は定価3100円(20㎏)が一般的です。
ネットショップでも送料がネックになり安いものでも3200円(20㎏)程度と、激安とも言えないのが現状です。

近年は、大規模な耕種農家さんが多くなっていると思います。
そして、化成肥料を散布するのに、ライムソワーを使用し作業の簡略化をしている姿を見ると思います。
このライムソワーは幅と走行で決まりますので、肥料を100㎏施す時、2メートル幅のライムソワーで500メートル走行すると10アールまくことができる機械が多いでしょうから、この場合1メートル走行して200gまきだせるようにシャッター調整をしているわけです。
散布時間も軽減されていますから、化成肥料の利便性を感じることができます。

そして、堆肥と異なり成分が確実であり臭気がほとんどないことで、近隣に住宅がある畑では特に重宝される傾向があります。

では、私たち畜産家にとって堆肥は不利なのかといいますと、そうでもないのが答えになります。

堆肥は、安定した量を供給できるメリットがあります。
また一般的に廃棄物として産出されるものですから、農場が自由に価格を設定できるメリットがあります。
堆肥の加工に手間暇をかけるのであれば数千円からというところもあるでしょうし、無料というところもあります。

堆肥は、畜種により傾向があります。
養鶏から生産する鶏糞は、発酵途中の状態で散布した場合、分解が強く進み臭気を伴うアンモニアガスを発生させます。
発酵熱も高く低いところでも40℃から70℃近くまで熱を出し分解を続けます。
アンモニアガスは、周辺の植物を枯らす作用もあり、特に発芽した時期にガス枯れを起こし問題になることもあります。
施肥量により覆土してもガスが漏れ出て地表に至り弱い作物を枯らしますから、よく聞かれる「苗が枯れたぞ、1回見に来い」という話はこれが原因です。
ガスを除けば、アルカリ性の堆肥であることから、酸化が進んだ田畑に散布することで中性に戻す効果も期待できます。

農場はできるだけ均一にならす散布をしますが、そのためには堆肥散布機「スーパースプレッダー」を使用することである程度可能です。

この機械は自走式やトラクター連結式、トラック等に搭載する固定自走式があり、畜産家の多くはトラックに搭載する固定自走式を選ぶことでしょう。
その理由に、農場近隣だけでは散布ができないことが要因です。
近隣農家さんとの関係が良ければ、安価な自走式でも可能ですが、多くはそうもいきません。
農場から数キロ先、10キロ以上離れた畑に散布するというのは一般的ですから、自動車に搭載して公道を走り散布先まで出張することが多いでしょう。

この堆肥散布機もライムソワーと同じ考え方で散布します。

ただ、搭載量次第で1車両に1トン、2トンとなる場合もありますので、散布先面積次第では、養分過多を心配されるところもあるでしょうが、栄養分次第で高度化成肥料以上の濃度もありえますが、多くは高度化成より薄い傾向がありますからあまり問題にはならないとも言えます。

発酵鶏糞は一般的に5-5-5程度と薄い普通肥料に分類できますが、成分が季節や発酵度合いにより安定しないためこのような表現はできません。
ですから、窒素、リン、カリが各5%程度ある堆肥としか言えませんが、安定しないとはいえ、ある日1%、今日10%とそんなに極端にはなりませんから、薄いものであることは間違いありません。

このことから、高度化成肥料を薄く施肥し併用することで期待通りの作付けが可能になりますし、葉物でしたら、窒素分を少し多く配合するだけでも変わるでしょう。

この点を農家さんにお伝えすると、高額な化成肥料の見直しが期待でき、栽培コストを下げることが期待できます。

例えば、8-8-8の化成肥料は、現在14-14-14肥料の入手が難しいことから、比較的高い金額設定が散見されます。
20㎏で約3100円程度からそれ以上という物が多く、薄いものだから安いというわけではありません。

ですから、高度化成肥料を薄めて散布して調整する農家さんもいますので、堆肥をベースに化成の使い方が決まります。
薄めるということは、1袋が3000円でも半量程度の使用量であればコストは1500円ベースになるはずですから、大きいでしょう。
100袋10アール投入すると30万円ですが(実際はそこまで入れないでしょうが)半量使用であれば15万円と試算できます。
後は堆肥がいくらなのかということですが、堆肥は廃棄物ですから基本仕入れ原価はありませんので自由な価格設定もできるはずです。
10アール当たり無料から5000円程度と自由に設定が可能です。
同じ10アール(1反)を堆肥は数千円で、化成は施肥する量により数万円かそれ以上となるわけですから、安いものではないことが分かります。
ですが、化成と堆肥は臭気の有無が明らかなものであること、蒔きやすさが簡単で農家さん自身で可能であること、すぐの効果が化成にはあり、作付け直前の散布が可能といえます。
ただ化成の問題は「値段」ということです。

たいして、堆肥は安いが臭気を伴う物が多いということ、住宅地では苦情になりやすく農家さんと地域住民との連携が十分でない場合は使用するに適さないということ、発酵が十分でない状態で散布して覆土しても発芽して枯死する可能性があり、堆肥の良さを台無しにする可能性があるということ。
このような問題点があります。

ただ、はっきり言えることは、堆肥は化成に劣るものではないというのが実際です。

先ほどのように配合が14では、8ではどうかと言いましたが、多くの農家さんは厳密にこの作物は8でないとダメだ、14では多すぎて枯れるとか、5では不足するから使用しないと、厳密さを求めてはいない傾向が強いと感じます。
問題は、この作物には窒素は14程度あればよいから堆肥を少し多く入れて8程度確保して、あとは化成で補うと職人技で感じる方が多いと見ます。
さじ加減といいましょうか、肌で感じる職人技という感覚があるように見えますので、化成しか入れていない農家さんに最初から堆肥はだめだということはないようです。

ただ、散布する手間を農家さんにかけると、多くは堆肥の良さを失う傾向があります。
先ほど、堆肥散布機械について話しました。
畑に、2トン車等で堆肥を山盛りにして散布(実際はトラックからの荷台で出来た小山)していくところもありますが、その後の処理は農家さん(一部は技能実習生が均している姿も見ます)が均します。
ですが、小山を作った場所はきれいに均せないことから、その箇所が苗枯れして苦情になることがありますので、畑に還元する際は堆肥散布機を使用することが推奨されますし、そうでない場合は年々受注が少なくなるでしょう。

既に周辺農場は「スーパースプレッダー」を所有しているからですし、近隣農家さん同士で国の補助事業を活用して購入し共同使用しているところもあるのです。
ですから、ただ畑におくだけの堆肥はその後の処理の問題から敬遠されていく傾向になります。
今時、堆肥無料(ダンプ貸出無料)では中々処理も難しいと感じます。
一定のコストを支払い排出できる環境を整える必要があります。

今日のテーマである化成肥料の値上げに堆肥をお勧めすることには、このような背景があり簡単なようでそうでもない置き換わりができない課題があります。

その課題を解決することで、堆肥はより一層の良質な肥料になることでしょう。

そのためには、堆肥のデメリットを農場でどのように解決できるのか、併せて考えるべきというのが今日のテーマに対する結論になります。
そのためには十分な発酵で臭気を最小限にとどめる手間をかけること。
これにつきます。

畜糞は畑に入れると堆肥と呼ばれまるで出世魚のように名前と価値が変わります。

この言葉を理解できれば、ただの糞をいかに加工し付加価値をつけるという意識が必要であることが分かります。
そのためには、切り替えしをして発酵を促し、良品を作るという意識が必要です。

面倒だから、どうせ一見さんだからという姿勢では、来年までつなぎとめるお客様にはなりません。
畜糞は、飼養管理を続ける限り毎日発生します。
大規模農場ほど1日の発生量は大きくなります。
その処理が、畑への還元です。
お客様は皆さんの畜糞を引き取ってくださる大事な方々です。

いい加減な畜糞を畑に蒔きだして逃げていくように去る農場では、来年はそのお客様の畑を失うことでしょう。

農家さんは農を生業にしているのです。
「農業」とは農を生業にするという意味です。農を業(ぎょう)とするという意味です。
家庭菜園を広々している方々ではないのです。
それでご飯を食べているプロです。

皆さんも家畜を飼養してご飯を食べているプロです。

適当な仕事をされて仕方ないとは言えないはずです。
餌に品質を満たさないものを配合され家畜が弱くなっても、仕方ないとは言えないはずです。
それは、畜産業という仕事をしているからです。
畜産を業としているからです。

同じことです。

いい加減は、結局そのいい加減元が影響を及ぼすことになるのです。

この先、化成肥料が高く農家さんは堆肥に飛びつくだろうと期待している農場もあることでしょう。
ですが、その堆肥が品質が良くない場合そこまで堆肥に飛びつくということはないのが実情です。
堆肥が高ければ、採算が合わなければ事業を見直ししていくだけのことです。
そこに目を向けた法人が存在します。
近年は法人農家さんが増えています。

皆さんの堆肥で法人農家さんと取引がなければその堆肥は、ただの畜糞とみなされているかもしれません。
実際法人さんの多くは、堆肥にも関心を持っています。
安いコストから最大の利益を得るからです。
そのためには、無駄な物にはお金を払うことはできません。
それは、たくさんの従業員を雇い、広い畑を借地して借地料を支払います。

よくない堆肥も無駄なものです。
良質でお値打ちなものになれなければ関心を持ちません。

いい加減とは言いませんが、少なくとも堆肥と呼べる製品にしていかなければ、この先も肥料が高いから安泰と誤った認識をしてしまうことでしょう。

実際、堆肥の良しあしで顧客が離れていく農場も見ます。

離れても気にしないことはいいことですが、気づいたら閑散期の真冬に堆肥舎一杯の畜糞が湯気を上げて山盛りになっていた。
そんな落ちもあるのです。

多くは今はハイシーズンになっていることでしょう。

忙しいが当たり前で、振り返る暇もないという言葉が聞こえます。

ですが、間もなく訪れる秋以降のオフピークに畜糞が堆肥舎に山盛りになり、スペース確保のために更に高く積み上げて来年を迎えるような落ちがないよう、常に品質を考え、農家さんに喜ばれる製品を作ることを第1に考えていきましょう。

そうすれば、今日のお話しした「秋肥値上げに対して 堆肥をお勧めしましょう」と自信をもって営業に歩くことができるはずです。

↑このページのトップヘ